ティップランの釣り方

ティップランの釣り方

ティップランの釣り方についてご紹介しています。

 

ティップランでは、ドテラ流しが一般的です。

 

普通は、潮流に対して船をに流しますが、ドテラ流しは潮流に対して船をにして流します。

 

長い時間、同じレンジを攻められるなどのメリットがあります。

 

ドテラ流しかどうかは別にして、ティップランでは必ず船を流して釣ります。

 

ティップラン エギング 釣り方

 

 

ティップランの基本的な釣り方は、次のとおりです。

 

まず、仕掛けを真下に投入します。

 

潮が流れていない時は軽くキャストします。

 

投入(キャスト)後、手で送り出して水面にラインを浮かべておきます。

 

エギが沈んでいる間は、浮かべたラインが引っ張られています。

 

しかし、エギが着底すると、ラインが引っ張られなくなります。

 

この瞬間を見逃さないようにします。

 

きちんと底が取れないようでは釣りになりません。

 

 

着底後、すぐに糸ふけを取ります。

 

そのままにしておくと、根がかりしてしまうので注意が必要です。

 

それに、アオリイカが沈むエギに興味を持って追ってきているのに、そのままにしておくとエギを抱いてくれません。

 

これではもったいないです。

 

 

糸ふけを取れば、5〜10回ほど巻きシャクリを行います。

 

ここでの巻きシャクリとは、ロッドを斜め下45度の位置から水平までシャクり、その間にリールを1回転巻くことです。

 

状況によっては、3〜5回ほどでよいこともあります。

 

 

巻きシャクリの後、ピタッと竿先を止めて(ステイ)当たりを待ちます。

 

5〜10秒ほど止めます。

 

止め方が中途半端な場合、アオリイカが乗ってきません。

 

完全に止めなくてはなりません。

 

ティップランで、もっとも重要な点です。

 

 

竿先を止めると言っても、エギは動いています。

 

どういうことか言うと、船は流されているので、竿先をいくら止めても、エギは水平移動しているのです。

 

エギが安定した状態で水平移動しないと、アオリイカは乗ってくれません。

 

エギを安定させるために、竿先を完全に止めないといけないのです。

 

 

当たりがなければ、再度底までエギを沈めます。

 

あとは、巻きシャクリしてステイです。

 

3回ほど、これを繰り返しても釣れない時は、1度仕掛けを回収してエギの様子などをチェックします。

 

スポンサーリンク

 

 

当たりには、いろいろなパターンがあります。

 

竿先がほんの少し曲がるパターンや、曲がっていた竿先が浮き上がるパターンが多いです。

 

他にも、パターンはありますが、当たりがあったと思えば、とにかく即合わせしてみるとよいです。

 

やっているうちに、当たりのパターンがわかるようになります。

 

 

アオリイカの反応がイマイチの時は、エギのカラーや重さを変えるとよいです。

 

巻きシャクリの回数や速さなどに変化をつけるのも効果的です。

 

周りで釣れている人がいれば、その人のエギや誘い方を参考にします。

 

これが、釣果アップへの近道です。

 

 

ティップランは、初心者でも比較的簡単に行える釣りです。

 

ただし、底取り”と“シャクッた後のステイ”が行えないと釣れません。

 

この2点にだけは注意が必要です。

 

 

エギの重さは軽ければ軽い方がよい!?

 

エギは、底を取れるもので、もっとも軽いものを選びます。

 

重いと沈下速度が速くなり、水平移動の時間が短くなるので不利です。

 

そうは言っても、底を取れないようでは釣り自体が成立しません。

 

そのため、初心者は少々重くなっても、きちんと底を取れる重さのエギを選ぶ方を優先させなければなりません。

 

上達してから、軽いエギを使うようにします。

 

 

ラインコントロールに注意!

 

エギをイメージどおり操るためには、ラインコントロールが重要です。

 

船での釣りは、潮や風の影響を大きく受けます。

 

さらに、向きや強さなどが常に変化しています。

 

釣り座によって、状況が異なるので、それぞれによって釣り方を変えないといけません。

 

そのため、状況を的確に把握して、ラインコントロールしないとまったく釣れないことがあります。

 

 

潮の流れが釣り座から出ていく場合のラインコントロール法

エギは沈みながら流されていきます。

 

ラインが張ると、沈まなくなってしまいます。

 

これでは、狙った棚へエギを沈めることができません。

 

この場合は、ラインを張らず緩めずで送り出していきます。

 

緩めすぎると、当たりが取れなかったり、根がかりしてしまうので注意が必要です。

 

 

潮の流れが釣り座に向かってくる場合のラインコントロール法

できるだけロングキャストした方がよいです。

 

エギは、こちらに向かって流れながら沈みます。

 

そのため、ラインがふけてしまいます。

 

この場合は、ふけたラインを巻きとらなければなりません。

 

張らず緩めずの状態でキープします。

 

 

どちらの場合でも、うまくラインコントロールして、狙った棚でエギを留めなければなりません。

 

それができないと、釣果が伸びません。

 

 

参考動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「お助けリグのティップラン仕掛け

ホーム