ティップランのリールのおすすめ!番手は?ベイトリールでもいい?

ティップランのリールのおすすめ!番手は?ベイトリールでもいい?

ティップランのリールの選び方!ハイギアがいい?

ティップランのリールの選び方についてご紹介しています。

 

リールには、スピニングリールとベイトリールがあります。

 

バックラッシュしないスピニングリールがおすすめです。

 

 

では、ベイトリールではティップランはできないのでしょうか?

 

そんなことはありません。

 

実際に、釣り方や状況に応じて、ベイトリールを使う釣り人もいます。

 

重いエギをシャクる際に、比較的軽くシャクることができるというメリットがあります。

 

ベイトリールの方がパワーがあるのです。

 

 

スピニングリールと比べて、一長一短があります。

 

ただ、初心者はスピニングリールを選んだ方が無難です。

 

中・上級者は、状況などによって使い分けるとよいです。

 

 

ここからは、おすすめのスピニングリールについて解説します。

 

リールのサイズは、ダイワなら2000〜2500番、シマノなら2500〜3000番が最適です。

 

あまりにも大き過ぎると、重いので使いにくいです。

 

 

ハイギアタイプの方がよいのでしょうか?

 

おかっぱりからのエギングは、キャストしてシャクりながら巻いてきます。

 

一方のティップランは、それほど誘いながら巻きません。

 

つまり、ティップランは巻き続けるという動作がそれほどありません。

 

巻き続けることがあまりないのなら、ハイギアタイプでなくてもよいということになります。

 

 

ハイギアタイプの特徴として、巻き始めは重くて遅い反面、ある程度巻くと、軽くなって速く巻けるようになります。

 

“巻き始めが重くて遅い”という点が煩わしいと感じる人もいるかもしれません。

 

個人的には、どちらでも構わないと思います。

 

あとは好みなので、気にならない人は使えばよいです。

 

 

ドラグ性能や耐久性も考えておきたいです。

 

安物を購入すると、いろいろとトラブルが発生します。

 

最低でも、中級クラス以上のものを購入したい方がよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

ティップランのリールのおすすめ

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「ティップランのエギのおすすめ!重さ・カラーは?

ホーム