エギングの釣り場とポイント

エギングの釣り場とポイント

エギングの釣り場とポイントについてご紹介しています。

 

基本的には、アオリイカは日本全国のほとんどの沿岸(一部は除く)に生息しています。

 

“多い少ない”“大きい小さい”はあっても、ほぼ1年を通して釣ることができます。

 

 

そんなアオリイカですが、どこにもいるとは言っても、集まっているところとそうではないところがあります。

 

効率的に釣ろうと考えれば、やはり集まっているところへ釣りに行かなければなりません。

 

 

アオリイカの集まる釣り場とポイントについては、次のとおりです。

 

港・岸壁

エギング 港・岸壁

 

もっともポピュラーな釣り場です。

 

エギングを行う釣り人の大半が行く場所です。

 

そのため、人気が非常に高いです。

 

シーズンになると、釣り人で混雑する場所もあります。

 

 

堤防がメインの釣り場となります。

 

外海に面している堤防がよいです。

 

中でも、堤防の先端や角、係船の周辺、消波ブロック周辺、船頭、岩礁帯、海藻帯、沈み根、カケアガリなどは好ポイントとなっています。

 

スミ跡が残っているポイントは、実績のある場所なので見つけたらキャストしてみるとよいです。

 

 

エギング 磯

 

港・岸壁に比べると、敷居が高いようです。

 

そのため、港・岸壁ほどは釣り人が多くはありません。

 

アオリイカがスレておらず、比較的釣りやすいです。

 

もちろん、釣りに行く場所や状況によっても異なりますが。

 

 

磯釣りは足場が悪いなど危険が多いです。

 

準備をしっかりするなど、細心の注意を払わないといけません。

 

 

磯では、海藻帯、沈み根、磯の先端などの潮通しのよいポイントを中心に攻めるとよいです。

 

いろいろなポイントを丁寧に探ってみます。

 

潮通しのよいポイントなら、粘っているとよいことも。

 

 

砂浜

エギング 砂浜

 

“港・岸壁は混雑しているので避けたい”“磯へは行きづらい”という人に人気が高いのが砂浜です。

 

唯一残されたフィールドと言っても過言ではありません。

 

磯に比べると、安全で気軽に釣りを楽しめるのがよいです。

 

しかも、他の釣り場ほど、特定のポイントというものがありません。

 

その上、砂浜は広いので、たくさんの釣り人がやって来ても問題ありません。

 

 

先ほど特定のポイントがないと言いましたが、厳密には海藻帯、沈み根、カケアガリを攻めるのがベストです。

 

ただ、見ただけではなかなかわかりにくいので、実際にキャストして確かめるしかありません。

 

 

よい釣り場やよいポイントを知ろうと思えば、やはり実際に行ってみることが大切です。

 

釣ってみてわかることもあります。

 

他の釣り人が、どのポイントで釣り上げたのかなども見ておくと、次に行く時の参考になります。

 

近くの釣具店で情報を入手するのもよいですね。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「アオリイカの沖漬けの作り方!タレは?

ホーム