沖磯エギングの仕掛け

沖磯エギングの仕掛け

堤防でのエギングが定番ですが、沖磯からのエギングも人気となっています。

 

船で渡してもらわないといけないので、沖磯エギングをやったことがない釣り人には少し敷居が高い釣りに感じるかもしれません。

 

堤防と違って、沖磯はそれほど釣り荒れしていないのがよいです。

 

秋の数釣りに最適なフィールドです。

 

 

沖磯エギングの仕掛けは、次のとおりです。

 

沖磯エギングの仕掛け

 

基本的には、ショアティップランエギング仕掛けと同じです。

 

 

ロッド

ロッドは、エギング専用ロッドをおすすめします。

 

できれば、ソリッドティップのエギングロッドがよいです。

 

小型のアオリイカを狙うのなら大きな武器となります。

 

狙うイカのサイズや釣る場所などによって使うロッドを選ぶとよいです。

 

 

 

リール

リールは、小型のスピニングリールをおすすめします。

 

サイズは、2500〜3000番が使いやすいです。

 

エギングリールのおすすめはについてこちらを参照!

 

 

ライン

ラインは、PEの0.6〜1号を使います。

 

細くて強度のあるPEがおすすめです。

 

飛距離が出やすいです。

 

エギングで使うラインについてこちらを参照!

 

 

リーダー

ラインが根ズレに弱いPEなので、リーダーが必須となります。

 

フロロカーボンの1.5〜2号を使います。

 

エギングで使うリーダーについてこちらを参照!

 

 

エギ

エギについては、絶対にこれでないといけないというものはありません。

 

たくさん種類があるだけに選ぶのが大変です。

 

サイズは、2.5〜3号が基本です。

 

時期によっては、もっと大きめのものを使います。

 

 

 

エギングで使うエギについてこちらを参照!

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「沖磯エギングの釣り方

ホーム