エギングのリーダーの結び方(SFノット・電車結びなど)

エギングのリーダーの結び方(SFノット・電車結びなど)

エギングのリーダーの結び方についてご紹介しています。

 

エギングのラインとしては、PEやフロロカーボンなどいろいろなものが使われます。

 

中でも、細くて強度のあるPEの人気が高いです。

 

そのPEには大きな弱点があります。

 

それは、根ズレにより、簡単に切れてしまうことです。

 

その弱点を補うなどのために、PEをラインとして使用した場合には、リーダーをセットするのが一般的です。

 

リーダーには、フロロカーボンが使われます。

 

 

ラインのPEとリ−ダーのフロロカーボンを、どのように結束するかが問題となります。

 

当然ですが、サルカンなどは使えません。

 

そうなると、PEとフロロカーボンを直接結束するしかありません。

 

ただ、適当に結束すればよいというものではありません。

 

適当に結束すると、抜けてしまったり、切れてしまったりする恐れが高くなります。

 

これでは、不安で釣りになりません。

 

 

PEとリーダーの結束には、きちんとした方法があります。

 

しかも、たくさんの方法があります。

 

そのため、自分が結束しやすいと思う方法をマスターすればよいのです。

 

スポンサーリンク

 

 

そうは言ってもたくさんあるので、おすすめの方法をいくつかご紹介します。

 

FGノット

定番の結束方法の1つです。

 

強度があって、比較的簡単に結べます。

 

 

 

SFノット

結び目が小さいので、釣りやすいです。

 

よく用いられる結束方法です。

 

 

 

電車結び

もっともよく知られている結束方法の1つです。

 

若干、強度面で劣ると言われることもあります。

 

簡単なので、マスターしやすいです。

 

 

 

個人的には、FGノットをおすすめします。

 

ただ、もっとも重要なのは、必要な時に迅速かつスムーズに結束できるかです。

 

迅速かつスムーズに結束できないようでは、釣果にも大きな影響が出てしまいます。

 

そうならないように、まずは自分ができると思う方法をマスターするように心掛けてください。

 

余裕があれば、他の方法にもチャレンジしてみるとよいです。

 

 

他にも、いろいろな結束方法があります。

 

参考サイトへ

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「エギングのキャスト方法 飛距離と方向に注意

ホーム