コウイカ釣りの時期(シーズン)と時間帯【エギング】

コウイカ釣りの時期(シーズン)と時間帯【エギング】

コウイカとは?

コウイカ釣り(エギング)の人気が高まっています。

 

人気なのには、いろいろな理由が考えられます。

 

1つは、釣りやすいことが挙げられます。

 

初心者でも、比較的簡単に釣り上げることができます。

 

他には、エサでもエギでも釣れることが挙げられます。

 

特に、エギングのターゲットとして狙われることが多いです。

 

コウイカ釣り 時期

 

スポンサーリンク

 

 

アオリイカ釣りの外道とされることもありますが、専門的に狙いに行く釣り人も多いです。

 

コウイカとは、どのようなイカなのでしょうか?

 

実は、コウイカと言っても、いろいろな種類がいます。

 

地域によって、生息するコウイカが異なります。

 

西日本では、次の3種類がよく釣れます。

 

  • コウイカ
  • シリヤケイカ
  • カミナリイカ

 

一般的に、“コウイカ”と呼ばれるのは1番上の“コウイカ”です。

 

このイカは、スミをたくさん吐くことから“スミイカ”と呼ばれることもあります。

 

 

水深10〜100mと幅広い水深の場所に生息しており、砂地を好みます。

 

ただ、コウイカがいるのは、主に底付近です。

 

小魚や甲殻類などをよく食べます。

 

身は甘みがあっておいしいです。

 

 

コウイカ釣り(エギング)の時期(シーズン)と時間帯

コウイカ釣り(エギング)の時期(シーズン)と時間帯についてご紹介しています。

 

コウイカ釣りの時期は、年に2回あります。

 

4〜6月ごろ(産卵期)

この時期は、産卵期ということで、釣れるのは親イカです。

 

そのため、30cm前後の大型が釣れます。

 

産卵のため接岸してくるので、堤防からでも比較的釣りやすいです。

 

 

10〜1月ごろ

この時期は、生まれた子イカがある程度成長します。

 

子イカがメインということで、比較的小さなイカが釣れます。

 

コウイカは寒くなると、深場に移動するため、おかっぱりからは釣りにくくなります。

 

での釣りが人気となります。

 

 

時間帯についてです。

 

コウイカは夜行性なので、基本的には夜釣りの方がよく釣れます。

 

しかし、日中でも底付近を攻めると、釣れなくはありません。

 

そのため、危険の多い夜釣りを避けたい人は、日中に釣ればよいです。

 

それに、明るいので日中の方が釣りやすいです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「コウイカ釣りの仕掛け〜堤防【胴突き】

ホーム