コウイカ釣りの仕掛け〜堤防【胴突き】

コウイカ釣りの仕掛け〜堤防【胴突き】

コウイカ釣りの堤防での胴突き仕掛けについてご紹介しています。

 

胴突き仕掛けに、エギやスッテを付けて釣ることもできます。

 

エギングではありませんが、エギやスッテで誘って釣ります。

 

 

胴突き仕掛けで釣ると、大きなメリットがあります。

 

オモリを底に着けた状態にすると、エギが底付近を泳ぎます。

 

コウイカは底付近にいるため、コウイカがいるレンジをずっと攻めることができます。

 

エギングよりも、根がかりしにくいです。

 

 

胴突き仕掛けについては、次のとおりです。

 

コウイカ釣り 胴突き仕掛け 

 

 

ロッド

エギングロッドがおすすめです。

 

コウイカ釣りロッドの詳細はこちらを参照!

 

 

リール

スピニングリールがおすすめです。

 

コウイカ釣りリールの詳細はこちらを参照!

 

 

ライン・リーダー

ラインは、PEの1号を巻いておきます。

 

リーダーは、フロロカーボンの2〜3号(1ヒロ)をセットします。

 

枝の長さは50cm、枝の付け根からオモリまでは20cmにしておくとよいです。

 

リーダーには、スッテ用の枝が付いた仕掛けが市販されています。

 

市販のもので十分です。

 

 

エギ・スッテ

エギでもスッテでも構いません。

 

コウイカ釣り用エギ・スッテの詳細はこちらを参照!

 

 

オモリ

オモリは、3〜8号のナス型オモリを使います。

 

潮の速さ・水深などによっては、他のオモリを使うこともあります。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「コウイカ釣りの仕掛け〜堤防【エギング】

ホーム