エギングの時間帯

エギングの時間帯

エギングには、適した時期だけでなく適した時間帯があります。

 

それを知っておくだけでも、釣果に大きな差が出ます。

 

エギングの時間帯

 

 

エギングをするなら、どのような時間帯がよいのでしょうか?

 

まず、知っておきたいことがあります。

 

それは、アオリイカの特徴の1つに関してです。

 

アオリイカは、基本的に日光を好みません。

 

そのため、日光が差し込まない状況での釣りがベストということです。

 

このことから、夜間での釣りが最適であると言えます。

 

 

それでは、日中は釣れないのでしょうか?

 

必ずしもそうとは言えません。

 

日光があまり差し込まない曇りの日や日光が差し込まない深場など、条件によってはアオリイカを釣ることができます。

 

 

とは言っても、やはりマズメを含む夜間に釣るのがおすすめです。

 

釣果重視で釣りに行くのなら、夜間に行くとよいです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

では、時間帯別には、どのように釣ればよいのでしょうか?

 

時間帯ごとの攻め方は次のとおりです。

 

アオリイカを朝夕マズメに狙う

アオリイカを朝夕マズメに狙う場合は、キャストして沖の方を攻めるだけでなく、足元も入念に攻めます。

 

この時間帯になると、意外とすぐ近くまでアオリイカがやって来ていることがあります。

 

ベイトが活発に動き回るようになるので、アオリイカ釣りにぴったりの時間帯になります。

 

 

アオリイカを日中に狙う

アオリイカを日中に狙う場合は、キャストして水深のあるポイントを攻めるとよいです。

 

日中は日光が差し込むので、浅場では釣果があまり伸びません。

 

日陰になるストラクチャー周りも好ポイントです。

 

 

アオリイカを夜間に狙う

アオリイカを夜間に狙う場合は、活発に動き回るアオリイカを広範囲に渡って探る必要があります。

 

沖の方から足元まで広く攻めます。

 

表層に浮いているものも多いです。

 

月夜と闇夜で攻め方が変わってきます。

 

月夜はベイトが浮きやすいので、表層を中心に攻めます。

 

一方の闇夜は、ベイトが集まる常夜灯周辺を攻めるのが鉄則です。

 

 

また、時間だけでなく、潮で判断するとよいです。

 

潮が止まる間際と、潮が動き出す時がベストです。

 

他には、日暮れ後に満潮を迎える日は特におすすめです。

 

逆に、干潮の日は期待できません。

 

こういったことからも、干潮と満潮の時間をチェックしておくとよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「エギングの釣り場とポイント

ホーム