ヒイカエギングの仕掛け(タックル)

ヒイカエギングの仕掛け(タックル)

ヒイカとは

ヒイカのことを知らない人もいると思います。

 

それほどメジャーなイカではありません。

 

ヒイカは、北海道南部以南の沿岸部に生息しています。

 

胴長は12cmほどと、非常に小さなイカです。

 

ヤリイカ科に属しているツツイカの一種です。

 

地域によって、いろいろな名称で呼ばれています。

 

主なものとして、ジンドウイカやコイカ、テッポウイカ、ボウズイカなどが挙げられます。

 

ヒイカエギング

 

 

ヒイカエギングの仕掛け

ヒイカエギングの仕掛けについてご紹介しています。

 

ヒイカエギング 仕掛け

 

アオリイカを狙う場合のエギング仕掛けのライトバージョンと考えてよいです。

 

アジングやメバリングを楽しむ人は、ロッドやリールなどを使うことができます。

 

エギだけを用意すればOKです。

 

 

ロッド

ロッドは、ライトゲーム用のものを使うとよいです。

 

おすすめは、アジングロッドやメバリングロッド、トラウトロッドです。

 

長さは、6〜8フィートが扱いやすいです。

 

できるだけ穂先の柔らかいものが、当たりを取りやすいのでおすすめです。

 

イカに違和感を与えないようにします。

 

 

 

リール

リールは、スピニングリールを使うとよいです。

 

2000〜2500番が使いやすいです。

 

エギングで使うリールを参照!

 

 

ライン

ラインは、PEの0.3号でよいです。

 

 

リーダー

リーダーは、フロロカーボンの1.2号を1mセットしておきます。

 

 

エギ

エギは、1.5〜2号を用意します。

 

ヒイカ専用のエギもあります。

 

シーズンの初めはヒイカが小さいので、1.5号で十分です。

 

だんだん大きくなっていくので、それに合わせてエギを大きくしていくとよいです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「ヒイカエギングの釣り方と釣れる時期・ポイント

ホーム