エギングロッドのおすすめは?初心者が使いやすいのは?

エギングロッドのおすすめは?初心者が使いやすいのは?

エギングロッドの選び方

エギングロッドの選び方についてご紹介しています。

 

初心者に使いやすいロッドは、どのようなものなのでしょうか?

 

 

エギングの人気に伴い、各メーカーからどんどん新しいロッドが登場しています。

 

やはり、おすすめはエギング専用ロッドです。

 

もちろん、バスロッドシーバスロッドトラウトロッドなどでも代用は可能です。

 

30gぐらいのルアーを投げられるものを選ぶとよいです。

 

エギングロッド おすすめ 初心者

 

 

代用できるロッドはたくさんありますが、それでもエギング専用ロッドを使った方がよい理由があります。

 

1つは、エギングで一般的に使われるラインであるPEがロッドに絡みにくい点です。

 

PEは、フロロカーボンやナイロンに比べて、ロッドのガイドに絡みやすいです。

 

エギングは、頻繁にロッドをシャクッて誘うだけに、ロッドの先にPEが絡まる可能性が高くなります。

 

絡まったままシャクると、ロッドが破損してしまいます。

 

 

エギングロッドは、PEが絡みにくいように、次のような工夫が行われています。

 

  • ロッドの先にたくさんのガイドが付いている。
  • 絡みにくい形状のガイドが使われている。

 

 

もう1つは、エギをシャクリやすいようになっている点です。

 

ロッドの調子に工夫がなされています。

 

具体的には、穂先が柔らかく、胴がしっかりしています。

 

これにより、操作性がアップし、思うがままにエギを操ることができます。

 

他のロッドでは、なかなか思うような調子になっていません。

 

 

ロッドの長さは、7〜9フィートがよく使われます。

 

やや硬めの調子がおすすめです。

 

ただ、ロッドの長さや調子は、釣りに行く場所やその時の状況、使用するエギの重さに応じて、臨機応変に使い分けるのがベストです。

 

基本的に、エギが重ければ長くてやや硬いもの、エギが軽ければ短めで柔らかいものが使いやすいです。

 

 

また、対象となるアオリイカのサイズに合わせてロッドを選択することも大切です。

 

サイズが小さいければ柔らかいもの、大きければやや硬めのものがよいです。

 

 

初心者は、すぐに使い分けできませんので、8フィートでやや硬めのものを購入するとよいです。

 

はじめはこれ1本で経験を積み、その後タイプの異なるロッドを買い足していけば、より状況に応じた釣りができるようになります。

 

タイプの異なるロッドとは、

 

  • に小さなアオリイカを釣るための柔らかくて短いロッド
  •  

  • に遠くにキャストして釣るための硬くて長いロッド

 

などです。

 

必要性を感じれば、購入するというスタンスでよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

エギングロッドのおすすめ

エギングロッドのおすすめについてご紹介しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「エギングリールのおすすめは?初心者に使いやすいのは?

ホーム