エギングのラインにはPE・フロロ・ナイロンなどのどれがよい?

エギングのラインにはPE・フロロ・ナイロンなどのどれがよい?

エギングで使うラインの選び方についてご紹介しています。

 

ラインには、次の4種類があります。

  • PE
  • フロロカーボン
  • ナイロン
  • エステル

 

各ラインには、それぞれの特徴があります。

 

特徴を知った上で選ばないといけません。

 

エギング ライン PE フロロカーボン

 

 

PE

 

<メリット>

 

強度がある(ナイロンの約2.5倍の引っ張り強度)ので、より細いラインを使用できる。

 

ほとんど伸びないので、当たりが取りやすい。

 

しかも、伸びないのでさまざまなバリエーションの誘い方ができる。

 

キャストの際に飛距離が出るので、広範囲を探れる。

 

<デメリット>

 

風の影響を受けやすいので、飛距離が出ない。

 

摩擦(根ズレなど)に弱い。

 

高いので費用がかかる。

 

 

フロロカーボン

 

<メリット>
ナイロンなどに比べると、それほど伸びないので、比較的感度がよい。

 

摩擦(根ズレなど)に強いので岩場でも安心である。

 

比重が重いので、沈みやすい。

 

<デメリット>

 

それほど伸びないとは言っても伸びるので、誘いがかかりにくい。

 

張りがあるので、ライントラブルが起りやすい。

 

 

ナイロン

 

<メリット>
強度がある。

 

飛距離が出やすい。

 

比重が重いので、沈みやすい。

 

価格が安いので、費用がかからない。

 

しなやかで使いやすい。

 

<デメリット>

 

伸びやすいので、感度が悪い。

 

しかも、シャクッても誘いがかからない。

 

 

エステル

 

<メリット>

 

ほとんど伸びないので、感度がよい。

 

<デメリット>

 

ほとんど伸びないので、瞬間的にかかる大きな力に弱い。

 

 

一般的に、エギングにはPEが使われています。

 

それは、細いラインを使用できるので、飛距離が出るためです。

 

しかも、当りが取りやすく、誘いやすいとメリットが多いです。

 

これらのことから、PEを使った方がよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

では、どのようなPEがおすすめなのでしょうか?

 

太さは、0.6〜1号を使います。

 

 

細ければ細いほど、次のようなメリットがあります。

  • 飛距離が出る。
  • 風の影響を受けにくくなる。
  • 沈むスピードが速い。

 

ただ、初心者はライントラブルを避けるため、0.8〜1号をおすすめします。

 

 

PEには、さまざまな種類のものが販売されています。

 

選ぶ際に、編み数がかなり重要になってきます。

 

編み数とは、簡単に言うと何本の細い糸で編まれているかです。

 

主として、4本編、8本編、12本編があります。

 

本数が多いほど、頑丈で高額になります。

 

より細い号数が使えるというメリットが生じます。

 

これにより、飛距離がアップしたり、風や潮の流れに影響されにくくなります。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「エギングのリーダーの太さと長さ及び結び方

ホーム