エギングのリーダーの太さと長さ及び結び方

エギングのリーダーの太さと長さ及び結び方

エギングのラインにPEを使用した場合には、リーダーを使うのが一般的です。

 

PEは結び目が弱いので、直接エギに結ばない方がよいです。

 

根ズレなどで、ラインブレイクするのも避けなくてはいけません。

 

エギング リーダー 太さ 長さ 結び方

 

 

エギングのリーダーの太さと長さ

リーダーには、フロロカーボンを使います。

 

フロロカーボンは根ズレに強いので、エギのロストを防いでくれます。

 

太さは、1.5〜2号がおすすめです。

 

長さは、1.5〜2mほどにするとよいです。

 

リーダーの先にスナップを使用すると、エギの交換をスムーズに行えます。

 

エギング ライン PE フロロカーボン

 

 

エギングのリーダーの結び方

ラインのPEとリーダーのフロロカーボンを結ばなくてはなりません。

 

結び方は、どうすればよいのでしょうか?

 

適当でもよいのかと言えば、そうではありません。

 

適当に結ぶと、切れてしまったり、抜けてしまう可能性が高いです。

 

釣りで使える結び方というものがあります。

 

しかも、何種類もあります。

 

結び方によって、強度が異なりますが、基本的にはその中から結びやすいものを選べばよいです。

 

 

よく使われる結び方には、次のものがあります。

 

FGノット

リーダーとPEの結び方の定番中の定番です。

 

最強の結び方とも言われています。

 

 

 

ノーネームノット

 

すっぽ抜けがあまりなく、確実性の高い結び方です。

 

それでいて、それほど結ぶのは難しくはありません。

 

 

 

電車結び

リーダーとPEの結び方の中では、かなり簡単です。

 

しかし、強度的にはそれほど強くありません。

 

 

 

他にも、結び方を知りたい方はこちらが参考になります。

 

シーガー公式サイト

 

 

強度のある結び方に越したことはありませんが、素早く確実に結べないのでは意味がありません。

 

簡単な結び方からでもよいので、何回も練習してきっちりと結べるようになることが重要です。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「エギングのエギの選び方

ホーム