エギングの冬のシャクリ方とポイント

エギングの冬のシャクリ方とポイント

エギングの冬のシャクリ方とポイントについてご紹介しています。

 

エギングで狙うべきポイントは、季節により異なります。

 

エギング 冬 シャクリ方

 

 

エギングの冬のポイント

冬は水温が下がるため、アオリイカは深場に落ちてしまいます。

 

そのため、当然狙うべきは深場ということになります。

 

水深15〜20mぐらいがおすすめです。

 

これ以上深いと、仕掛けが沈むのに時間がかかったり、潮や風の影響で底取りが難しくなります。

 

もちろん、釣り自体は可能ですが。

 

水温が低いということは、アオリイカの活性は低いと思っておいた方がよいです。

 

 

では、具体的に狙うポイントはどこがよいのでしょうか?

 

先ほども言いましたが、水温が低いので、アオリイカは深場に移動します。

 

深場は深場でも、底付近を中心に攻めるのが鉄則です。

 

水温が下がりにくい底付近で、あまり動かず、じっとしている可能性が高いです。

 

 

広く探るために、できるだけ遠くへキャストします。

 

エギが重い方が飛距離はアップしますので、3.5号(ディープタイプ)4号を使います。

 

シンカーや糸オモリを使用してもよいです。

 

 

風がない時や水温が安定している時は、水深10m以内でも釣れることがあります。

 

このような場合は、沈むスピードが遅い3.5号(ノーマルタイプ)を使うとよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

エギングの冬のシャクリ方

エギングの冬のシャクリ方についてです。

 

 

まず、フルキャストします。

 

必ず、エギが底に着くまで待ちます。

 

着底したら、糸ふけを取って、シャクリを始めます。

 

 

冬は、エギをその場でできるだけ跳ねさせることを意識してシャクるとよいです。

 

手前には引いてこないイメージで誘います。

 

しかし、ゆっくりではなく、鋭くシャクり上げないといけません。

 

跳ね上げたエギをそのままフォールさせて、しばらくそのまま待ちます。

 

この時に、抱きついてくることが多いです。

 

当たりがなければ、またシャクり上げます。

 

冬は、底付近のみをこのようにして誘うだけでよいです。

 

エギング 冬 シャクリ方 釣り方

 

 

この時期は、日中に釣り上げるのが難しいです。

 

夜釣りの方が比較的釣りやすいです。

 

そのため、夜間を中心に攻めてみるとよいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「沖磯エギングの仕掛け

ホーム