エギングのエギの重さ

エギングのエギの重さ

エギングのエギの重さについてご紹介しています。

 

エギの重さは、ボディの重さやシンカーの重さ、カンナの重さなどによって変わってきます。

 

基本的には、サイズが大きくなればなるほど重くなります。

 

ただし、同じ種類、同じサイズのエギでも、重さが異なる場合があります。

 

 

エギの重さが変わると、沈む速さやエギのバランスに影響が出ます。

 

沈む速さが変わるということから、次のような使い分けが行われています。

 

 

軽いエギは、浅い場所で使われることが多いです。(シャロータイプ

 

ゆっくり沈むため、アオリイカに長くアピールできます。

 

 

重いエギは、深い場所で使われることが多いです。(ディープタイプ

 

速く沈むので、深い場所の底釣りにピッタリです。

 

風や潮の影響で、エギが沈みにくい時にも有効です。

 

エギ

 

 

中間のノーマルタイプは、オールマイティに使えます。

 

まずは、ノーマルタイプでやってみて、うまくいかない場合は、シャロータイプやディープタイプを使うとよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「エギングのエギのカラー(色)

ホーム