エギングのアタリの取り方とアワセ方、取り込み方

エギングのアタリの取り方とアワセ方、取り込み方

エギングのアタリの取り方とアワセ方、取り込み方についてご紹介しています。

 

エギングのアタリの取り方

エギングのアタリの取り方には次の2つがあります。

 

1つは、ラインで確認する方法です。

 

キャストして、エギを底に沈めている最中に、着底をわかりやすくするために、ラインを海面に浮かべておくことがあります。

 

この時、底に着いたわけでもないのにラインが引っ張られなくなったりと、違和感を抱くことがあります。

 

このような時は、アオリイカが当たっている可能性が高いです。

 

 

ただ、このようなラインの変化を見極めることは、初心者には結構難しいです。

 

そのため、エギが着水してから、何秒で着底するのかをカウントダウンしておくとよいです。

 

そうすれば、あまりにも早くラインが引っ張られなくなったのなら、アオリイカがエギに抱きつき、エギがそれ以上沈まなくなっているのではと考えることができます。

 

このようなラインの変化に気がつけば、すかさずアワセを入れればよいのです。

 

とにかく怪しいと思えば、全部アワセを入れるようにしましょう。

 

そのうちの1回でも針がかりすれば、ラッキーぐらいの気持ちでやってみてください。

 

 

もう1つは、ロッドを通して、アオリイカがエギに触れた時の振動などを手で感じ取る方法です。

 

コツコツという振動であったり、ズッシリと重くなったりといろいろです。

 

エギが岩や海藻に触れた際などにも、振動が伝わってきます。

 

この辺は、ある程度の経験を積まないと当たりかどうかの判別は難しいです。

 

慣れても、なかなか完璧には判別できないかもしれません。

 

ナイトエギングは真っ暗で目で確認できないので、手に伝わってくる振動で当たりを取るしかありません。

 

 

当たりを見逃さないようにするためには

 

できるだけラインを張り気味にしておくと、当たりがわかりやすいです。

 

ベテランになると、フリーフォールでも当たりがわかる人がいます。

 

初心者は、まずわからないと思いますので、ラインの張り具合に注意するとよいです。

 

ただ、ラインを張らせるために重いエギを使うと、乗りが悪くなってしまうことが多いです。

 

できるだけ最適な重さのエギを使うようにします。

 

後は、練習あるのみです。

 

 

他には、ラインを細くするという方法があります。

 

基本的に、ラインは細いほど感度がよくなります。

 

そのため、できるだけ細いラインを使うと、当たりを取りやすくなります。

 

PEなら、0.5号まで細くしても問題なく使えると思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

エギングのアワセ方

エギングで当たりがあった時、アワセが必要かどうか迷うところです。

 

実は、必ずアワセないといけないわけではありません。

 

その時の状況で決めるとよいです。

アワセが必要な場合 中型以上の良型がヒットした場合は、必ずアワセを行います。

 

アワセを行わないと、しっかりと針が掛かりません。

 

フォール中に当たりがあった場合は、必ずアワセを行います。

 

アオリイカがエギの針の部分ではなく、ボディに抱きついている可能性が高いためです。

 

アワセが不要な場合 小型の場合はアワセがなくてもよいです。

 

ただ、念のためにアワセを行った方が無難です。

 

ズル引きしている時に当たりがあった場合は、アワセは不要です。

 

触腕のみで掛かっていることが多いためです。

 

この時にアワセを行うと、足切れでバレる可能性が高いです。

 

 

 

アワセと言っても、ジギングで魚を釣っている時のように、ロッドを強くシャクる必要はありません。

 

そのようなことをすれば、足が切れてしまいます。

 

当たりがあれば、アオリイカをこちらに寄せるような感じでロッドを手前に引くだけでよいです。

 

 

巻き上げる際、大きければ大きいほど抵抗します。

 

リールから、ラインがどんどん出て行くことがあります。

 

このような場合は、焦らずにロッドを立てたままラインが止まるまで待てばよいです。

 

無理に引っ張ったりするとバレてしまいます。

 

 

なるべく早く水面に浮かせるようにします。

 

水面に浮くと、得意のジェット噴射ができなくなります。

 

そうすれば、バレる可能性が低くなります。

 

エギングのアタリの取り方とアワセ方、取り込み方

 

 

エギングの取り込み方

アオリイカを目の前まで寄せられれば、後は取り込むだけです。

 

取り込みはかなり重要です。

 

実は、エギングでは取り込む際にバレることが多いです。

 

そのため、最後まで気を緩めてはいけません。

 

 

取り込み方にはいくつかあります。

 

もっとも簡単な取り込み方は抜き上げです。

 

抜きけ上げとは、文字どおりエギに抱きついたアオリイカをそのまま引き上げることです。

 

どのような場合でも、抜き上げればよいというわけではありません。

 

中型以上は、やめておいた方が無難です。

 

小型でも、しっかりと針がかりしていないとダメです。

 

後は、足場が高い場所から釣りを行っている場合も注意が必要です。

 

ラインが切れたり、ロッドが折れてしまうことがあるためです。

 

 

もっとも安全な取り込み方は、網ですくうか、ギャフで引っかけるかです。

 

網ですくう場合は、必ず頭の方に網を持っていきます。

 

万が一、アオリイカがジェット噴射で逃げようとしても、頭の方から網を持っていくと逃げられないためです。

 

ギャフは、胴体ならどこに引っかけてもよいです。

 

 

せっかく掛けて寄せてきたアオリイカです。

 

最後の最後でバラしたということのないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「エギングで釣れない、乗らない時は?

ホーム