ボートエギング(キャスティング)の釣り方

ボートエギング(キャスティング)の釣り方

ボートエギングのキャスティングでの釣り方についてご紹介しています。

 

基本的には、おかっぱりからのエギングとそれほど変わりません。

 

ボートからの釣りという点で、若干異なるところがあります。

 

ボートエギング キャスティング 釣り方

 

 

キャスティングでの基本的な釣り方は、次のとおりです。

 

ティップランと異なり、ボートを固定して釣る場合には、自分が気になったポイントを攻めるとよいです。

 

まず、仕掛けをキャストします。

 

基本的には、エギが底に着くまで待ちます。

 

着底後すぐに誘い始めます。

 

ただし、産卵期は藻場を狙うのでエギを着底させない方がよいです。

 

着底させると、かなりの確率で根がかりします。

 

この場合、エギが底付近まで沈んだタイミングで誘い始めます。

 

エギは1mにつき4秒で沈むので、沈下スピードと水深から計算してカウントダウンで沈めるようにします。

 

 

5〜10回ほど巻きシャクリを行います。

 

その後、誘うのをやめて、エギを漂わせます。(フリーフォール

 

ラインを張った状態で沈めてもよいです。(テンションフォール

 

こうすることで、アオリイカに抱かせる間を作ってやります。

 

これを繰り返します。

 

 

ボートを流して釣る場合は、ロッドを徐々に立てていきます。

 

ボートがエギの方へ流れていくのに合わせてロッドを立てることで、ラインを張らず緩まずの状態をキープできます。

 

 

当たりがなければ、シャクる速さなどに変化を付けます。

 

カラーやサイズの異なったエギに交換して様子を見ます。

 

参考動画

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「エギングの根掛かりの外し方

ホーム