ボートエギング(キャスティング)の仕掛け

ボートエギングでのキャスティング仕掛け

ボートエギングでのキャスティング仕掛けについてご紹介しています。

 

ティップランとどこが異なるのか気になる人もいることでしょう。

 

それも当然です。

 

ティップランもボートエギングの1つだからです。

 

もっとも大きな違いは、ティップランはボートを流して釣る(ドテラ流しなど)のに対して、キャスティングでの釣りはアンカーを入れてボートを固定して釣ります。

 

ただし、キャスティングでの釣りも流して釣ることがあります。

 

ティップランはボートを流すことで、広範囲を攻められるというメリットがありますが、ポイント上をすぐに通過してしまうので、同じポイントを粘り強く攻めることができないというデメリットがあります。

 

一方、キャスティングでの釣りはボートを固定するので、同じポイントを丹念に攻めることができます。

 

警戒心の強い、浅場の藻場にいる産卵期の親イカなどを狙うのに優れています。

 

その反面、固定されているので、広範囲を探るのが難しいです。

 

釣りに行く時期やポイント、潮の流れなどによって釣り分けるのがベストです。

 

 

キャスティング仕掛けは、次のとおりです。

 

エギング 仕掛け

 

 

ロッド

ロッドは、ボートエギング用ロッドがおすすめです。

 

おかっぱりからのエギングロッドでも問題ありません。

 

比較的短めのものが使いやすいです。

 

長さは、5〜7フィートがおすすめです。

 

 

 

 

 

リール

リールは、スピニングリールを使います。

 

ティップランエギングで使うリールと同じでもよいです。

 

ティップランエギングリールの詳細はこちらを参照!

 

 

ライン

ラインは、PEの0.4〜08号を使います。

 

初心者は0.6号ぐらいをおすすめします。

 

 

リーダー

リーダーは、フロロカーボンの2〜3号(1〜2m)をセットしておきます。

 

 

エギ

エギは、2.5〜4号を使います。

 

時期によって異なります。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「ボートエギング(キャスティング)の釣り方

ホーム