エギングの仕掛けとロッド・リールのおすすめ

エギングとは?

エギングとは、どのような釣りなのでしょうか?

 

岸からアオリイカを釣るのは、エサ釣りが一般的でした。

 

アジの泳がせ釣りが有名です。

 

岸からアオリイカを釣ること自体は、かなり前から行われていました。

 

ただ、それほど人気のある釣りではなかったと言います。

 

エギングとは

 

 

しかし、漁師の伝統漁法がヒントとなって生み出されたというエギングが誕生してから、状況は一変します。

 

今までとは比べものにほどの人気が出たのです。

 

今や、エギングという1つの釣りが確立されたといっても、過言ではありません。

 

 

エギングとは、小魚やエビの形をした疑似餌(エギ)を使って、まるで生きているかのように動かして釣る方法です。

 

アオリイカを本命にして釣ることが多いですが、マイカやコウイカ、マダコなどが釣れることもあります。

 

エサ釣りは、生きたアジが勝手に泳いでアオリイカにアピールしてくれますが、エギは放っておいても釣れることはありません。

 

そのため、釣り人はいかに動かしてアオリイカに興味を持たせるかを研究するようになりました。

 

どのようなエギを使って、どのように誘うかで、釣果に大きな差が生じます。

 

そのため、エギングは非常にゲーム性が高い釣りと言ってもよいです。

 

 

エギングが人気となったのには、他にも理由があります。

 

それは、日中でも楽しめることです。

 

エサ釣りは、日が暮れた夜でないと、警戒心の強いアオリイカはなかなか釣れませんでした。

 

それに比べて、エギングは明るいうちから狙えます。

 

また、エサ釣りは生きたアジなどを用意しなければなりません。

 

一方のエギングは、エギさえあれば釣りに行けるので、非常に気軽に楽しめます。

 

スポンサーリンク

 

 

アオリイカの生息地と生態

アオリイカの生息地と生態についてご説明します。

 

アオリイカは、どんどん人気が高まっているエギングのメインとなるターゲットです。

 

エギングとは、エギと呼ばれる疑似餌を生きた魚のように動かして、アオリイカなどに食わせる釣り方です。

 

他のルアー釣りと同じで、自分がよいと思った釣具・アクションで食わせた時の快感が堪りません。

 

1度釣れると、もう病みつきになるというのもわかります。

 

アオリイカ 生息地 生態

 

 

では、アオリイカの生息地と生態についてはどうなのでしょうか?

 

アオリイカは、北海道以南の沿岸に生息しています。

 

そのため、基本的には日本全国のほとんどの沿岸で釣ることができます。

 

 

アオリイカは、港や磯、砂浜などどこにもいます。

 

船頭やカケアガリ、沈み根など潮の流れに変化がある場所に集まることが多いです。

 

もちろん、潮通しのよい場所にもいます。

 

 

小魚やエビ、カニなどを食べるフィッシュイーターとして有名です。

 

このことを利用して、エギングで誘って釣るのです。

 

 

アオリイカの胴長は、大きいものになると50cm以上になります。

 

重さは、6kg以上になる個体もいます。

 

アオリイカは1年しか生きない年魚です。

 

産卵後、親イカは死んでしまいます。

 

 

オスとメスは、背中の模様を見れば見分けることができます。

 

オスは、白くて細い横線が入っています。

 

一方のメスは、横線が不明瞭で斑点模様が入っています。

 

 

 

エギングの仕掛けと釣り方

エギングの仕掛けと釣り方についてご紹介しています。

 

エギングで使うロッドやリール、ライン、エギなどの釣具選びは、非常に重要です。

 

ちょっとしたことが、釣果に大きな影響を及ぼします。

 

そのため、釣具を選ぶ際には、それぞれの特徴を事前に理解しておいた方がよいです。

 

 

次は、釣り方についてです。

 

時期によって、アオリイカがいるポイントが異なります。

 

さらに、ターゲットとなるアオリイカの大きさも異なります。

 

そのため、当然釣り方も変わります。

 

 

仕掛けや釣り方をきっちりと知った上で、釣りに行くことをおすすめします。

 

そうでなければ、好釣果を上げるのは難しいように感じます。

 

 

エギングの仕掛けと釣り方などについては、次のとおりです。

 

<エギング基本情報>

 

アオリイカが釣れる時期

 

エギングの釣り場とポイント

 

 

<エギングで使う釣り具>

 

エギングの仕掛け

 

エギングロッドのおすすめ

 

エギングリールのおすすめ

 

エギングのラインの選び方

 

エギングのリーダーの太さと長さ及び結び方

 

エギングのエギの選び方

 

エギングのエギサイズ

 

エギングのエギの重さ

 

エギングのエギのカラー(色)

 

エギングのクーラーボックスのおすすめは?サイズは?

 

 

<エギングの基本的な釣り方>

 

エギングのドラグの設定

 

エギングのリーダーの結び方

 

エギングのキャスト方法 飛距離と方向に注意

 

エギングの底の取り方

 

アオリイカエギングの釣り方とアクション

 

エギングのアタリの取り方とアワセ方、取り込み方

 

ナイトエギングの釣り方とコツ

 

エギングのシャクリ方のコツ

 

エギングで釣れない、乗らない時は?

 

エギングでカーブフォールを利用

 

エギングのラインの太さは細い方がいい?

 

 

<エギングのテクニック(釣り方・ポイントなど)>

 

春イカエギングの釣り方とコツ

 

秋イカ(見えイカ)エギングの釣り方とコツ

 

冬イカエギングの釣り方とコツ

 

 

<沖磯エギング情報>

 

沖磯エギングの仕掛け

 

沖磯エギングの釣り方

 

 

<ショアティップラン情報>

 

ショアティップランロッドのおすすめと仕掛け

 

ショアティップランエギングの釣り方

 

 

<ティップランエギング情報>

 

ティップランエギングの時期

 

ティップランエギングの仕掛け

 

ティップランエギングのロッドのおすすめ

 

ティップランエギングのリールのおすすめ

 

ティップランのエギのおすすめ

 

ティップランの釣り方

 

お助けリグのティップラン仕掛け

 

 

<その他>

 

エギングの根掛かりの外し方

 

アオリイカの締め方

 

スポンサーリンク

 

 

ライトエギング(ツツイカエギング)の仕掛けと釣り方

ライトエギング(ツツイカエギング)の仕掛けと釣り方についてご紹介しています。

 

ライトエギングはアオリイカではなく、ツツイカを狙う釣りです。

 

基本的な仕掛けや釣り方は、エギングとほとんど同じです。

 

ただ、若干異なる点もあります。

 

ライトエギングについて、きちんと知った上で釣りをした方がよい結果が得られるでしょう。

 

ライトエギング

 

 

ライトエギングの仕掛けと釣り方などについては、次のとおりです。

 

ライトエギングの時期!ライトエギングとは?

 

ライトエギングの仕掛け

 

ライトエギングロッドのおすすめ

 

ライトエギングリールのおすすめ

 

ライトエギングの釣り方

 

 

コウイカ釣りの仕掛けと釣り方

コウイカ釣りの仕掛けと釣り方についてご紹介しています。

 

コウイカも、アオリイカのようにエギングで釣れます。

 

しかも、おかっぱりだけではなく、船からも釣れます。

 

アオリイカよりも、簡単に釣れるので、初心者にもおすすめです。

 

コウイカ釣り 

 

 

コウイカ釣りの仕掛けと釣り方などについては、次のとおりです。

 

コウイカ釣りの時期と時間帯

 

コウイカ釣りの仕掛け〜堤防【胴突き】

 

コウイカ釣りの仕掛け〜堤防【エギング】

 

コウイカ釣りのロッド・リールのおすすめ

 

コウイカ釣りのエギ・スッテの色・号数

 

コウイカ釣り方〜堤防【胴突き】

 

コウイカ釣り方〜堤防【エギング】

 

コウイカ釣りの仕掛け〜船釣り【エギング】

 

コウイカ釣りの釣り方〜船釣り【エギング】